畑で大学教授と学んで収穫!青空はたけ教室(君津市)

販売価格

ご家族単位 :¥8,250(税込)

収穫したお野菜はお土産にもお持ち帰りいただく予定です。
ギフテ!では他にも農業の体験を募集しています。一覧はこちら

キャンセル待ちはこちらから

大学の教授と一緒に、千葉県君津市の温暖な環境を活かした特産の野菜作りを収穫する体験が、秋の収穫イベントとして再募集を行います!
農業を通して地域活性化に取り組んでいる東京農業大学の藤川先生、浅井先生と一緒に、海外でも注目される珍しい野菜を収穫します。
君津市で商標登録されている幻のだいずや、世界初の抗アレルギー作用が認められ、海外からも関心を寄せられる野菜など、特徴のある野菜たちの収穫を、ぜひご家族でお楽しみください。


農大教授が伝える、理想の土や野菜についての青空はたけ教室!

今回の体験で教えてくれるのは、東京農業大学の地域環境科学部 地域創成科学科に所属している藤川教授と浅井准教授です。現地の農家さんと協力して、大学教授が教えてくれるというのがこの体験のユニークなポイントです。東京農大で開催される小学生向けイベントも担当しており、子どもたちにも楽しく農業の楽しさを伝えてくれます。

そして、もう1つユニークなポイントは育てる野菜にあります。「小糸在来®(こいとざいらい、幻の大豆)」・「チシャトウ」・「青パパイヤ」という3つの珍しい野菜を中心に育てています。またトマトやキュウリなどの野菜も一緒に育てています。
野菜を育てる上での「理想の土ってどんな土?」、「野菜づくりを通した、新しい地域創成の方法」など、大学教授ならではのお話も交えながら、畑の野菜や土とふれあっていきます。知識と体験の両面で、お子さまが楽しんで自然を学ぶ機会をつくっていきます。

体験の内容は、小糸在来®とサツマイモ、青パパイヤの収穫です。枝豆の状態で収穫する小糸在来®は茹でて、サツマイモは火おこしをして焼き芋にします。青パパイヤはサラダにしますので、農園で採れたての味をぜひお楽しみください。

君津の温暖な気候に適した、珍しい野菜たちを育てよう!

今回の体験で取り扱うのは君津地域で育てられていて、幻のだいずとも呼ばれる「小糸在来®」や、地域活性化協議会が君津の特産品にするために育て、研究を重ねている「チシャトウ」と「青パパイヤ」。どの野菜も君津の温暖な気候に適しており、栄養価が高いのが特徴です。
今回の体験ではそんな特徴的な野菜たちの収穫を体験していただけます。

【3つの野菜の特徴】
<小糸在来®(こいとざいらい)>
千葉県の代表的な在来大豆で、君津市の小糸川流域を中心に栽培が分布していた高品質大豆。市場にはほとんど出回らないことから、「幻の大豆」とも呼ばれています。今回はこの小糸在来®を植えて枝豆で収穫し、畑で茹でてとれたての味を楽しみます。

<チシャトウ>
別名「茎レタス」とも呼ばれるレタスの仲間で、シャキシャキとした食感が特徴的な野菜。世界初の抗アレルギー作用を持つ野菜としても、「花粉症」や「アレルギー性鼻炎」「アトピー性皮膚炎」等への効果が認められ、日本国内を始め中国や西欧諸国で脚光を浴びています。

<青パパイヤ>
温暖な気候に恵まれた君津市の環境に適している、機能性健康野菜です。酵素の宝庫とも呼ばれ、食物の消化や栄養の吸収、新陳代謝や免疫の促進など、様々な効能が期待されます。サラダや炒め物で食べることで、美容や健康にも効果があり、今回は畑でとれた他の野菜と一緒にサラダにして食べてみます。


首都圏からもアクセスがよく、先進的な農業の取り組みをしている畑が体験の舞台!

今回の体験は、首都圏からのアクセスもよく、豊かな自然に恵まれた君津市小糸川地域にある畑が舞台です。千葉県南部の自然の豊かな場所ですが、東京駅八重洲口からはバスで80分、横浜からはアクアライン経由で車で35分で到着します。
この君津市の畑で、藤川教授と浅井准教授は農業の未来を明るくするための活動に5年以上取り組まれています。未来の農業を明るくする取り組みをしている畑を、今回「青空はたけ教室」として魅力的な農業体験にしてもらいました。

また、万が一天候が悪くても、雨用のプログラムも先生が用意してくれています。ビニールハウスやテントなど、雨対策をした場所で、「畑の土を調べてみよう」「野菜袋をデザインしてみよう」「トラクターを見てみよう」など、親子で楽しめる農業コンテンツを考えてくれていますので、万が一の天気でもご安心ください。もちろん状況に合わせて畑にも出ますし、警報が出るような悪天候の場合は中止のご連絡を差し上げます。



大学教授と一緒に、珍しい野菜を育てながら学ぶ青空はたけ教室、ぜひご家族でおこしください!


先生プロフィール

藤川 智紀先生(写真)

東京農業大学 地域環境科学部 地域創成科学科 教授
地域活性化協議会と協力し、千葉県君津市の特産野菜を栽培して地域活性化のために活動している。「食と農と資源 -環境時代のエコ・テクノロジー」等の著書もある。
都市部の保育園における幼児の農業体験の研究にも取り組んでおり、今回ギフテ!にて親子向けの農業体験をプロデュースする。



浅井 俊光先生

東京農業大学 地域環境科学部 地域創成科学科 准教授
専門分野は環境緑化学で、屋外から人工気象室など様々な環境下で植物栽培実験をしている。 日本造園学会、日本緑化工学会、日本芝草学会にも所属し、都市や農地など場所を問わず、植物と人間、双方にとって「最も良い条件とは?」を常に考え、追求している。体験型学習イベントの経験も豊富であり、今回ギフテ!にて親子向けの農業体験をサポートする。

体験者の声

・子供が自然に触れ、また多くの友達と会話ができて楽しそうだった。
・子供が体験のことを鮮明に覚えていて、いまでも話している。都会では味わえないカブトムシ幼虫取りなども楽しかった。

対象年齢

お子さんのいるご家族であれば特に制限はありません
小さなお子様も大歓迎です!

学べる要素

考えるチカラ
協力するチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

開催場所

地域活性化協議会所有の畑
千葉県君津市上字前島405

集合場所

JAきみつ小糸ライスセンター前の畑
地図はこちら
館山自動車道君津ICから2km、車で約5分の場所になります。
※詳細はお申し込み後メールにてご案内致します。

定員

10家族
(1家族=ご両親とご兄弟での参加を想定しています)

提供元

かずさと都市若者「知恵」地域活性化協議会

持ち物/服装

はたけ仕事のできる格好(詳細はお申し込み後にご案内します)

備考

今回畑には屋根付きスペースがありますので、少雨決行となります。台風などの悪天候で交通機関が乱れたり、警報が出る場合は前日の夕方までにご連絡を差し上げ、代替日程への振替をご提案します。
その年の状況により実施が難しいものもございますので、その場合は一部内容を変更してお届けします。

キャンセル待ち

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験