【5days】 English Summer Class 'Invent the Future with Lego' in 東京 Saturday Kids

販売価格

1人 :¥49,500(税込)

全5日間英語のみで活動する、お子様のみのご参加を想定したのプログラムです。

キャンセル待ちはこちらから

★本体験はギフテ!オリジナル体験ではなく、ギフテ!にご縁があり、我々が自信を持ってお勧めできる体験のご紹介になります★

2021年夏に東京都目黒区の教室で、英語でプログラミングを体験する5日間の特別なグローバル体験の新たなお知らせです。イベントの主催は「サタデーキッズ・ジャパン」さん。シンガポールに本社を置く、英語プログラミングスクールです。

東京・中目黒の教室で月曜から金曜の5日間連続で行われる英語でのサマースクールになります。ギフテ!でもなかなかできない貴重な体験なので、共同告知という形で、ご関心のあるみなさまにご紹介いたします。

サマースクールでは、中目黒の会場に親子でお越しいただき、午前(9:30-12:45)もしくは午後(14:00-17:15)の時間帯に、お子様をお預かりして、自分で組み立てたレゴを、プログラミングで動かす体験を、英語で行います。英語は簡単な指示が理解できるレベル、プログラミングは初心者向けのコースになります。終了時刻になったら保護者様にお迎えに来ていただき、翌日の同じに集合し、また再開する形です。ギフテ!でも大人気のイートンハウスさんをはじめ、様々な英語プログラムに採択された実績をもつ世界的な教育機関なので、安心してご参加いただける英語プログラムになっています。

★このページでは、「11-14歳対象」の「英会話中級者以上(英検3級以上目安)向け」、「プログラミングのアドバンスド」を楽しみながら学べる、「Invent the Future with Lego(レゴで未来を切り拓こう)」コースのご紹介です。

→7-10歳対象の同内容のクラスはこちら
→11-14歳対象の「プログラミングとエンジニアリングの基本」を学ぶクラスはこちら
→7-10歳対象の「プログラミングとエンジニアリングの基本」を学ぶクラスはこちら
→7-10歳対象の「プログラミングの基礎」を学ぶクラスはこちら
→5-6歳対象のクラスはこちら





サマークラスの魅力

魅力1:外国人講師による楽しい英語プログラム!

本プログラムの運営元、サタデーキッズはシンガポールに本社を置く、英語プログラミングスクールです。シンガポール国外では、米国国際開発庁、各国政府機関、企業スポンサーなど国際的な支援を受けて、カンボジア、台湾、フィリピン、ベトナムでもプログラム授業を提供しています。

2019年には日本校として英語プログラミングスクール・サタデーキッズジャパンを設立しました。以来、本スクール独自のオリジナルカリキュラムは都内各教育機関や学校でも使用され、そのようすは日経やテレビ東京でも紹介されています。日本でも専門のトレーニングを受けた外国人講師がお子さんをお待ちしてます。

サタデーキッズでは「遊びを通して学ぶ」というアプローチを重視しており、プログラミングやロボット工学を使って、子供たちの好奇心や学習意欲を刺激するカリキュラムを用意しています。英語とプログラミングの力で、より良い未来をつくる力を育むサポートをすることが彼らのミッションです。



魅力2:英語でモノづくりとプログラミングの楽しさを体感する「Invent the Future with Lego」プログラム

今回ご紹介している「Invent the Future with Lego」は、11-14歳のお子様対象で、主に英語中級者以上、プログラミングツールの「Scratch(スクラッチ)」の基本動作を理解した方を想定したカリキュラムになります。

このコースは、ロボット工学、エンジニアリング、プログラミングを学ぶ実践的な入門コースプログラミング、クリエイティビティー、構築する力を集結してクリアしていきます。

また、スクラッチを使って自分で造り上げたプロジェクトに命を吹き込みましょう。レゴとスクラッチで創造的な自信と問題解決能力を身につけ、歯車、モーター、センサーについて学びながら、自分だけのLEGOの世界を創り上げていきましょう



【クラスのポイント】
 ①世界の大きな問題をさらによく理解し、解決策を考えるためのデザイン思考プロセスを適用します。!

 ②ロボット工学においてプログラミングとメカニズムがどのように相乗効果を発揮するのか、ハードウェアとプログラミングがどのようにインターフェースするのかを学びます。

 ③ハードウェアとソフトウェア(LEGOとScratch)を組み合わせて、未来のビジョンにインスパイアされたプロトタイプを作成します。

 ④自分で作ったプロジェクトを発表するための考えやアイデアを明確にしていきます。

 ⑤新しい仲間と協力しながら、協調性とコミュニケーション能力を身につけよう



【学習項目】
ScratchとLEGOを使って自分の世界を作り、未来を想像してみましょう。

ハードウェアやコードをいじりながら、ギア、モーター、センサーがどのように連携して動作や動きを起こすのかを学びます。そのアイデアや発見を新しいお友達と共有しましょう。

コースの最終日には、あなたが作った素晴らしいロボット作品をお友達とともに発表し、あなたのクリエイティビティー、テクノロジーの力、未来への夢をみんなに披露してください。



【教育方針】

講義なし。暗記なし。正解は一つではありません。現実の生活と同じように、私たちは自分自身で物事を試し、失敗し、何が間違っていたのかを見つけ出し、もう一度試してみることが大切なのです。これらは一生涯のスキルとマインドセットであり、私たちが実際の生活の中でどのように学ぶのかをあらわしています。

子供たち自身に学び方を学んでもらいましょう。なぜなら、学ぶことを学ぶ子供たちは、好奇心旺盛で、発明的で、機知に富んだ人間になり、現実の世界の問題を解決して意味のある影響を世界に与えることができるからです。



魅力3:1クラス6名の少人数制のため、英語サポートと感染対策も安心!

今回のクラスは英語サポートの充実と、感染対策の徹底のため、1クラス6名までの少人数制で行います。クラスは日本語の話せる英語教師が担当し、クラスの状況や子供たちの理解度に合わせて、もう1名サポート講師もスタンバイしています。

会場も、中目黒駅から徒歩2分と抜群のアクセスなので、月曜から金曜まで、毎日無理なく、楽しく通うことができます。



サタデーキッズ・ジャパンとは

サタデーキッズは、シンガポールで初めて設立されたプログラミングスクールです。現在までに8000人以上の子供たちが、「遊びを通して学ぶ」というアプローチによって、プログラミングやロボット工学の世界にのめり込んできました。
私たちの目的はシンプルです。子供たちに、プログラミングやロボット工学の知識を身につけてもらい、彼らが自分自身や次世代のためにより良い生活を送るサポートをすることです。

https://www.saturdaykids.jp/about-saturday-kids-ja/

▼サタデーキッズ創業者のジョン・タンCEO


サタデーキッズ創業者 ジョン・タンCEOよりメッセージ


From a coding school to a curiosity school.

Saturday Kids opened as a side project in 2012 when I first started dabbling in tech investing. Meeting tech entrepreneurs all day made me realise how useful it is to know how to code, so I started a coding school for kids because there weren’t any back then.

These days, I call Saturday Kids a curiosity school rather than a coding school because the goal isn’t to churn out software engineers. The goal is to inspire every child to become a curious, self-directed learner.

Inspiring curiosity is at the heart of everything we do at Saturday Kids. The world’s facing unprecedented challenges, and we need to raise more mavericks to take them on. The world is also facing unprecedented challenges—environmental, social, political. Our generation is not going to solve all of these problems. It is up to our kids and the generation(s) after them to come up with the solutions that will ensure humanity continues to thrive.

To thrive and to remain relevant, more kids need to think like entrepreneurs and makers, with the curiosity, enterprise and imagination to take on humanity’s challenges. We are focused on using code to create access and opportunities so that every child has the chance to use tech to change the world.

John Tan
Founder, Saturday Kids

ジョン・タン
サタデーキッズ 創立者・CEO

先生プロフィール

Saturday kids Japan
サタデーキッズは、シンガポールで初めて設立されたプログラミングスクールです。現在までに8000人以上の子供たちが、「遊びを通して学ぶ」というアプローチによって、プログラミングやロボット工学の世界にのめり込んできました。
私たちの目的はシンプルです。子供たちに、プログラミングやロボット工学の知識を身につけてもらい、彼らが自分自身や次世代のためにより良い生活を送るサポートをすることです。

対象年齢

11歳~14歳
※2021年の7月時点の年齢です。

学べる要素

考えるチカラ
協力するチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

開催場所

Saturday Kids 中目黒校
東京都目黒区上目黒三丁目10番8号 中目黒名畑ビル2階C号室

集合場所

現地集合。グーグルマップはこちら
※お申し込み後に改めてサタデーキッズ担当者よりご連絡します

定員

各回6名
生徒一人一人に最大限の注意を払うことができるよう、少人数制のクラスを採用しています。

提供元

Saturday Kids Japan

持ち物/服装

材料は特に指示がない限り、サタデーキッズがすべてご用意します。必要に応じてスナックと水筒をお持ちください。

備考

・本企画はサタデーキッズジャパンが運営元となり、(株)みらいスクールの推薦体験として募集・告知しています。
・新型コロナ感染症予防のために、万全を尽くしてクラスを開講致します。入室時にはマスク着用、アルコール消毒と体温測定をお願い致します。 詳しい感染症予防に対する取り組みについては、こちらをご覧ください。
・キャンセル規約は以下のサタデーキッズジャパンの規約に準じます。
・開催1週間前からのキャンセル料 返金なし

キャンセル待ち

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験