ささき隊長と天空の生き物の聖地を縦断!立山黒部アルペンルートツアー

販売価格

お一人様 :¥109,800(税込)

お申し込みはボタンの先にあるHISページからご登録ください

お申し込み

HISとコラボして「一生モノの原体験」を親子で作ることを目指すギフテ!の体験ツアー。2021年の夏休みに、また新しい冒険ツアーが誕生します!今回は富山県から長野県にかけて、北アルプスを色々な乗り物を乗り継いで縦断、世界有数の山岳観光ルートである立山黒部アルペンルートが舞台です。

「日本の屋根」とも称される北アルプスは、ライチョウやオコジョなどの生き物、色鮮やかな高原植物など天空の生き物の聖地です。立川黒部アルペンルートでは、そんな北アルプスの山脈を横断。日本最大の落差を誇る「称名滝」や、日本一のアーチ式ダムである「黒部ダム」など、数々の自然の景勝地やそこに暮らす生き物を、ささき隊長と巡っていきます。

天空の大冒険でありながら、トロリーバスやロープウェイなど、ほとんどのルートを様々な乗り物を乗り継ぎ、安全・快適に移動できるのも立山黒部アルペンルートの魅力。実は自然と同じくらい乗り物が大好きなささき隊長が、ケーブルカーや高原バスの中から楽しい解説をしてくれます。

都市圏からの移動を想定して、2泊3日で余裕をもって旅程を組んでいるので、親子でも無理なく、快適に山岳観光&生き物観察をお楽しみいただけます。移動や宿泊もHISがしっかり手配いたします。

世界有数の山岳観光ルートで、ささき隊長と一緒に様々な乗り物に乗りながら「天空の自然観察」を楽しむ特別な夏休みのツアーにぜひ親子でご参加ください!



【ご参考】 立川黒部アルペンルートとは

ツアーの魅力①:北アルプスを横断する天空の自然観察ツアー!

舞台は色鮮やかな高原植物や、高山地帯にする生き物たちの楽園、立山黒部アルペンルートです!日本を代表する山岳観光ルートを、登山バスやケーブルカー、ロープウェイなどを乗り継ぎながら、テレビでも大活躍のギフテ!の自然体験の先生、「佐々木洋さん(ささき隊長)」と一緒に天空の自然観察をします。

今回訪れる場所では、険しい北アルプス山脈に守られた天空の生き物の生態系と、数々の雄大な自然の景勝地が待っています。そんな立山黒部アルペンルートツアーの大きな見所を5つご紹介します。

◆北アルプスの玄関口にある日本最大級の大瀑布!


ツアー初日、富山駅に集合したら、富山地方鉄道に乗って北アルプスの玄関口、立山駅に向かいます。ここから長野県の扇沢駅までの険しい北アルプスを縦断するのが立山黒部アルペンルートです。

立山駅からは、北アルプスの自然観察の最初の舞台として、近隣にある「称名滝」へ向かいます。称名滝は、日本最大・350mの落差を誇る大迫力の大瀑布。この滝ひとつをとっても、北アルプスの自然の雄大さを物語っています。

今回のツアーはもちろん観光だけではありません。バスの停留所から称名滝へ向かう遊歩道では、北アルプスの山脈に暮らす生き物たちの興味深い自然観察が始まります。ただ知識を解説するのではなく、それぞれの生き物の特徴やどんなふうに暮らしているのかなど、大人にも子どもにも楽しく伝えてくれるささき隊長のトークをお楽しみください。



◆険しい北アルプス山脈を快適な車窓から堪能!


2日目は立山駅を出発して、いよいよ立山黒部アルペンルートに入ります。最初の乗り物は立山ケーブルカー。平均勾配24度という北アルプスの急斜面を、階段状のケーブルカーが進みます。険しい山肌には、ニホンカモシカが暮らしているので、もしかすると車窓から出会えるかもしれません。





ケーブルカーの到着する美女平には、立山杉やブナの原生林の広がる森が広がっています。既に標高1000m近いですが、北アルプスの中ではまだまだ山麓。大きな木がたくさんあり、その森に暮らす生き物もいます。ささき隊長と原生林の遊歩道をハイキングしながら、森の生き物探しを楽しみましょう。



美女平からは、立山黒部アルペンルートの半分近くの距離を誇る立山高原バスでの移動です。標高1000mから2450mまで登っていく山道には、北アルプスの山々や、飛騨山脈なども見れます。車内ではささき隊長を中心に座り、車窓から見える高山の自然を、ささき隊長が特別なバスガイドになってアナウンスしてくれます。



◆豊かな天空の生態系をささき隊長としっかり散策!


立山高原バスの終点、室堂に到着したら、いよいよ「天空の自然観察」に向かいましょう!室堂ターミナルのすぐ近くにある「みくりが池」は、アルペンルートのトップシーンです。

神秘的なみくりが池の背景には、大汝山や雄山など3000m級の山脈が連なる絶景が広がります。夏の時期にはイワギキョウやウサギギクなど色鮮やかな高山花が咲き誇っています。遊歩道もしっかりと整備されているので、ささき隊長と天空の自然観察を思いきりお楽しみください

▼みくりが池と山々


そして日本の高山地帯の生き物といえば、ライチョウとオコジョです。どちらもみくりが池周辺に生息しているので、運が良いと出会えるかもしれません。希少生物なので出会える保証はありませんが、ささき隊長と一緒ならきっと遭遇確率も大幅アップすることでしょう。それ以外にも貴重な天空の生き物たちにたくさん巡り会えます。





◆立山連峰と黒部湖を見渡す絶景の自然観察!


3日目は室堂から出発し、長野県の扇沢に向けてくだっていきます。立山連峰の下をくぐる長い立山トンネルを抜けたら、北アルプスを見下ろす素晴らしい絶景に出会える立山ロープーウェイに乗ります。



険しい山岳地帯を抜けるため国内唯一の全線地下式の黒部ケーブルカーを経由して黒部湖に向かい、アルペンルートで唯一徒歩区間である黒部湖畔の遊歩道を、ささき隊長と自然観察をしながら進みます。日本最大級の黒部ダムの大きさも、きっとお子様の心に残る風景になると思います。

◆ツアーの醍醐味、高原の夜の自然を探すナイトハイク!


ささき隊長と巡る夜の自然観察は、ツアーならではの体験です。高山地帯では少し危険が伴うので、初日の立山でナイトハイクして、夜行性の生き物を探してみましょう。



北アルプスには、たくさんの夜行性の生き物が活動しています。一般の方がナイトハイクをしてもなかなか見つかりませんが、百戦錬磨のささき隊長と一緒なら、お子さんも驚くような夜の自然の発見がきっと待っているはずです。



ツアーの魅力②: ささき隊長が大自然の魅力を解説!

ギフテ!でもおなじみのプロ・ナチュラリスト佐々木洋さん(ささき隊長)が、ツアーをプロデュース。佐々木さんはNHKの「ひるまえほっと」やBS日テレの「アンパンマンくらぶ」等、テレビ番組にもよく出演されていて、「自然観察をエンターテイメントにしたレジェンド」とも言われています。

テレビ撮影のロケなどで立山黒部アルペンルートもたくさん訪れていて、現地の自然にも精通しています。今回訪れる場所は全てささき隊長おススメのスポットでなので、各地の見どころや動物たちの特徴、豆知識なども交えて楽しく解説してくれます。

また、今回は乗り物好きのささき隊長のお家芸でもある「車窓からの自然観察」もたくさん行います。2種類のケーブルカーやロープーウェイ、高山を走るバスなど、車窓に移りゆく高山の自然を楽しく伝えてくれる生き物ガイドにもご期待ください。


ツアーの魅力③: ツアー手配は大手旅行代理店HISの安心対応

ツアー手配は大手旅行代理店HISの、エコツアー・スタディツアーを専門に扱うチームが一貫して対応。これまでもギフテ!の国内外のツアーで数多くコラボをしてきており、窓口対応から現地の交通・宿泊の手配まで安心してお任せいただけます。

現地での宿泊先は、1泊目の立山エリアでは「立山国際ホテル」、2泊目の弥陀ヶ原エリアでは「国民宿舎 展望立山荘」と、清潔で快適に過ごせる施設のセレクションです。

特に2日目の「国民宿舎 展望立山荘」は、立山高原バスの弥陀ヶ原停留所すぐの好立地で、標高1940mにある「日本最高峰の国民宿舎」として全国的に有名な宿泊施設です。お部屋も宿泊人数や和室・洋室などで複数の種類のお部屋を押さえてありますので、ご家族の状況によってHISがアレンジしてくれます。日本を代表する高山ホテルで、夏の美しい星空もご堪能ください。

  ★国民宿舎 天望立山荘は6部屋を押さえているため、応募状況により近隣・同等の宿泊施設になる可能性があります。詳しくはお申し込み後にHISよりご連絡を差し上げます。

▼立山黒部アルペンルートに広がる星空


また、ツアー中だけでなく、お住まいのエリアから集合地点の富山駅まで、ゴールの扇沢駅からご帰宅までの交通手配もオプションで手配可能です。

現時点では未定ではありますが、GoToキャンペーンの対応なども、そのときの状況に応じてアレンジいたしますので、安心してお申し込みいただけます。

スケジュール


■1日目(8/18 水)
・13時頃、JR「富山駅」で集合
・JR「富山駅」より富山地方鉄道で「立山駅」に移動
日本最大の落差を誇る称名滝へ向かう遊歩道で自然観察
・称名滝から立山駅に戻り、「立山国際ホテル」のシャトルバスにてホテルへ移動
・18時頃、ホテルにて夕食
立山ナイトハイク
*ホテル周辺を散策しながら、野生の哺乳類や虫、猛禽類などを探して、夜の北アルプスの自然を楽しみます。
<ホテル泊>

■2日目(8/19 木)
・ホテルにて朝食
立山ケーブルカー乗車。車窓より自然観察
・美女平駅に到着、立川杉やブナの原生林をハイキングをしながら森の自然観察
立山高原バスに乗車。車窓より自然観察
・室堂バスターミナルに到着後、昼食
みくりが池周辺の遊歩道をハイキングしながら、天空の自然観察
・16時頃、堂安より立山高原バスにて弥陀ヶ原に移動
・17時頃、「国民宿舎 天望立山荘」に到着、夕食と自由行動
 *お天気が良ければ標高1940mからの美しい星空をお楽しみください
<ホテル泊>

■3日目(8/20 金)
・ホテルにて朝食
・立山高原バスにて堂安へ移動
・堂安より立山トンネルをトロリーバスで移動
・大峰観より立山ロープーウェイに乗車。車窓より自然観察
・黒部平より黒部湖まで、全線地下式の黒部ケーブルカーで移動
・黒部湖駅に到着、黒部湖畔をハイキングしながら、最後の自然観察を行い、黒部ダム駅に到着
・黒部ダム駅に到着後、昼食(黒部ダムカレーが人気)
・関電トンネルトロリーバスにて扇沢駅へ移動
・14時頃、扇沢駅に到着、解散

ツアー概要

日時 : 8月18日(水)〜20日(金)
出発場所 : JR富山駅
解散場所 : 扇沢バスターミナル
★最寄りの駅からの乗車券の手配もオプション対応可能です。
金額 : 109,800円(税込)/名

※上記旅行経費に含まれるもの
1) 宿泊費
2) ツアー内の移動費用(立山黒部アルペンルートでのバスは現地支払いとなります)
3) 食費:ホテルでの夕食・朝食(夕食2回、朝食2回、昼食0回)
4) 現地ガイド費用

※上記 旅行経費に含まれないもの
1) 旅行傷害保険:傷害・疾病などの旅行傷害保険料
2) 個人的費用:お土産代・飲食代・通信費及びこれらに伴う税・サービス料
3) 上記以外の食事

ツアーのお申し込みはHISのページよりお願いいたします。
4) 立山黒部アルペンルートでのバス料金(現地でお支払いいただきます)
・立山高原バス(立山〜室堂) 大人2,200円・子人1,100円
・立山高原バス(堂安〜弥陀ヶ原) 大人1,070円・子人540円
・立山高原バス(弥陀ヶ原〜室堂) 大人1,070円・子人540円
・立山トンネルトロリーバス(室堂〜大観峰) 大人2,200円・子人1,100円
・関電トンネル電気バス(黒部ダム〜扇沢) 大人1,570円 ・小人790円

★料金は2021年4月時点の情報です


【学び体験に関するお問合せ先】
メール : info@miray-school.co.jp
電話 : 03-3468-1390 (株式会社みらいスクール)
【ツアーについてのお問い合わせ先】
 電話 : 03-6836-2560 (HISスタディツアーデスク)

よくあるお問い合わせ


表示価格に対してGoToキャンペーンが適用されますか?
 →はい、表示は通常価格のため、GoTo適用の場合は、この価格に特別割引やクーポンが発生します。ただし、GoToキャンペーンにつきましては、国や東京都の判断によって適用可否が変わってくることがありますこと御留意いただけると幸いです。詳しくはお申し込み時にHISにご確認ください。

先生プロフィール

佐々木 洋(ささき ひろし)先生

25年以上にわたり環境教育・自然解説活動を展開。日本では数少ないプロフェッショナルのナチュラリスト(自然解説者)として、講演、執筆、写真撮影、テレビやラジオ番組への出演・監修など幅広く活躍。日本自然科学写真協会会員、日本自然環境専門学校講師。

対象年齢

小学校1年生から6年生までのお子様とそのご家族

学べる要素

考えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

08月18日(水) -8/20(金) までの2泊3日ツアー  (残1)

開催場所

立山黒部アルペンルートの多数の自然スポット

集合場所

集合場所:JR富山駅
解散場所:扇沢バスターミナル
★詳細はお申し込み後にHISよりご案内があります

定員

33名
最小催行:20名
★2日目の「国民宿舎 天望立山荘」は6部屋しか空きがないため、近隣の別の宿泊先になる可能性があります。詳しくはHISよりご案内を差し上げます。

提供元

主催:株式会社エイチ・アイ・エス
協力:株式会社佐々木洋事務所

持ち物/服装

お着替え、帽子、筆記用具など
★旅についての持ち物はHISよりご連絡します

備考

ツアーのお申し込みはHISのページよりお願いいたします。

お申し込み

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験